最強のロボット掃除機Dyson360Eの口コミ

ロボット掃除機はiRobot社のルンバやPanasonic社のルーロ、またはシャープのココロボだけだと思っていませんか?

家庭用品としてはあまり知られていませんが、ロボット掃除機は“吸引力の変わらない…”で知られるダイソン社も発売しているのです。最新型の名前は「360eye」。上に360度のカメラがついており、それで自分の居場所を把握して掃除をするため(360度ビジョンシステム)そのような名前になっています。

パノラマビューのようなカメラが搭載されていて、外部を認知するのがとても優れているのが特徴です。

価格は15万円程と決して安くはありませんが、その性能はどのロボット掃除機もはるかに上回ります。

ダイソンのロボット掃除機

ダイソンといえばやはりその吸引力。

ダイソンの公式サイトによれば、その吸引力は普通の掃除機に比べ4倍ほどよいと発表しています。サイクロン式の掃除機なので、吸引力も落ちにくく、簡単にごみを捨てることができます。

何より私が驚いたのは、自分が今どこを掃除しているのかしっかり把握していることです。掃除した軌跡をマッピングし、自分が次にどこを掃除するべきなのかを計算しながら掃除をします。なので、一度掃除をした部分を重複して掃除したり、逆に掃除のやり残した部分もなくなるので、縦横無尽に走り回る安物ロボット掃除機と比べ、とても効率が良いです。

ダイソンアプリと連携するすることで、ロボット掃除機を遠隔操作することもできます。タイマーをセットして、自分が留守をしている時でも、家の掃除をしてくれますし、どこを掃除してどこを掃除しなかったのかなどはすべて掃除履歴から確認することができます。

家の間取り図がアプリで出せて、しかも掃除機がどこをたどったかをしましてくれるのです。

この掃除機は壁にぶつかることもありません。ルンバなどのiRobot社のロボット掃除機はぶつかることで方向転換をしますが、ダイソンのロボット掃除機は外の世界を認知することに優れているので、壁に激突したり、それによって壁を傷つける心配もありません。

値段こそするもののとても優れているダイソンの掃除機。

皆さんもロボット掃除機を購入する際には一度お考えになってはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする