おしゃべり機能付きロボット掃除機COCOROBO RX-V95A-N

みなさんはココロボというシャープの開発したロボット掃除機をご存じでしたか?

ロボット掃除機ココロボはほかのロボット掃除機にはない様々な特徴をもっています。

ここではそのココロボ中のココロボRX-V95A-Nの基本情報から、ココロボRX-V95A-Nならではの性能まで詳しく解説していきます。

COCOROBO RX-V95A-Nの概要

製品名 COCOROBO RX-V95A-N
値段 約50,000円 (amazon調べ)
最大稼働時間 100分
最大稼働面積 40畳(ルーロの二倍)
集塵容積 0.25L(ルーロは0.15L)
充電時間 3時間(ルンバも同じ)
走行 自由走行型
写真 cocoroboのRX-V95A-N

ココロボRX-V95A-Nの特徴

ココロボRX-V95A-Nの最大の特徴は声でロボット掃除機を操作できることです。

きれいにして!と声をかけると分かった!と言ってそうじを始めます。

それ以外にも、今何時?と聞くと時間を答えてくれたり、調子はどう?と聞くと、最高の気分!と返事をしてくれます。

何かにぶつかったときはイテテ!とリアクションをします。

ココロボRX-V95A-Nはただの自動掃除機というよりは人を楽しませたり、会話の相手をするドラえもんのようなロボット掃除機です。

中国語と英語、関西弁まで話すことができます。

ココロボRX-V95A-Nの走行方法

ココロボRX-V95A-Nの走行方法は基本的には自由走行型です。しかし、ほかの自由走行型と異なるのは、ココロボRX-V95A-Nは人が掃除をするような走行方法で掃除をすることです。

多くの自由走行型ロボット掃除機がするように、壁にぶつかり方向をランダムに変え、またぶつかりランダムに方向を変えるという走行方法とは違い、マッピング型の走行方法と近い走行方法をします。

そこがほかのロボット掃除機と違う点で優れています。

プラズマクラスターを放出

プラズマクラスターを皆さんはご存知ですか?

これは空気中のカビを除菌し、空気中に浮遊しているウイルスの作用を抑えるものです。

タバコなどの空気のにおいの原因になるものを分解・除去するので、防臭効果もあります。

冬場は静電気を抑える効果もあります。

その様々な効果を持つ、シャープのロボット掃除機ココロボはプラズマクラスターを排気口から放出します。

つまり、床の掃除をする一方で、同時に空気の掃除も行います。

まさに一石二鳥のロボット掃除機ということができるでしょう。

プラズマクラスターについての記事はこちら