ルンバ960の特徴と評価

iRobot社のトップクラスのロボット掃除機ルンバ900シリーズに新たな新機種が発売されることになりました。

2016年8月26日、ルンバ960が発売されます。

ここではそんな最新機種のルンバ960が従来のルンバと比較し何が違うのか、どこが進化したかを詳しく解説していきたいと思います。

最新の機種「ルンバ960」の概要

製品名 ルンバ960
値段 89880円(iRobotオンラインストア調べ)
最大稼働時間 75分
走行の判断 iAdapt(アイアダプト)2.0 ビジュアルローカリゼーション(以下参照)
吸引方法 AeroForce(エアロフォースシステム)クリーニングシステム(以下参照)
使用できるモード バーチャルウォールモード ヘイローモード(以下参照)
写真 ルンバ960

ルンバ960の特徴

ルンバ960の新機種は、ルンバ980の必要以上の高機能の部分をそぎ落とし、手ごろな価格に抑えたといった印象です。

ルンバ980より36120円安い代わりに、最大稼働時間を120分から75分に減らしカーペットブースト機能(カーペットの上で吸引力を上げる機能)をなくしています

ほかのナビゲーションテクノロジー・利用できるその他の機能は、ルンバ980と変わりません

走行判断

iAdapt(アイアダプト)2.0 ビジュアルローカリゼーションはiRobot社が独自に開発した走行のアルゴリズムで、マッピング型の走行をするものです。

したがって、くまなく一面きれいに掃除をしてくれます。

これはルンバ980にも搭載されています。

吸引の仕組み

吸引方法にはiRobot社が独自に開発した、AeroForce(エアロフォースシステム)クリーニングシステムを導入しています。

これはiRobot社独自の部品が、床面のごみを浮かび上がらせ、それを吸引する仕組みのことです。

この技術の導入で、これまでの吸引システムの約5倍の吸引力を、約1.5倍の吸引量を実現することができました。

これもルンバ980に導入されています。

その他の便利機能

バーチャルウォール機能

ルンバ960を購入するときに付属品としてついてくるデュアルバーチャルウォールを使うことで、バーチャルウォールモードを利用することができます。

このモードはデュアルバーチャルウォールを置くことで、見えない壁を作ることができ、これをルンバが横切ることはありません。

他のルンバ900シリーズとルンバ800シリーズとの違いは、付属品としてついてくるデュアルバーチャルウォールの数です。

ルンバ960は一個しかついてきませんが、他のルンバ900シリーズとルンバ800シリーズ二個付いてきます。

バーチャルウォール機能は、5万円前後で売られているルンバ600シリーズでも使うことのできる機能です。

ヘイローモード

ヘイローモードとはデュアルバーチャルウォールを置くことで、その半径1.2メートル以内にルンバを侵入させないモードのことです。

例えば、ベットの水入れや、ぶつかってほしくない高級なツボのまわりに置くことで、それとの衝突を防ぎます。

特にペットの水入れなどに衝突して、水がこぼれ、それを吸い込んでしまうとルンバは故障してしまいます。

ルンバの故障を防ぐという意味でもヘイローモードは有効なモードです。

おすすめの関連記事

新型ルンバ960が他のロボット掃除機と比較し優れている5つの理由

ルンバ980とルンバ960との比較

ルンバ960のキャンペーン!!