ルーロMS-RS200とルーロMS-RS20の5つの大きな違い

ルーロMS-RS200とルーロMS-RS20を5つの大きな違い

ルーロの新機種ルーロMS-RS20が今年2016年7月に発売されました。

ルーロを購入しようと思ったときに、ルーロMS-RS200を購入しようか、ルーロMS-RS20を購入しようか悩んでいる方も多いと思います。

そんな方に向け、ルーロはこれまでとどのように変わったのか、そしてどういった人がルーロMC-RS200が向いていて、どういった人がルーロMC-RS20が向いているかなどを、わかりやすく解説していこうと思います。

ルーロMC-RS200 &MC-RS20の概要

ルーロMC-RS200

ルーロ

ルーロMC-RS20

ルーロMC-RS20

値段(オンラインストアより) 99800 79800
集じん容積 0.15L 0.15L
最大稼働時間 約60分 約50分
運転モード 自動モード
念入りモード
スポットモード
エリアメモリー
自動モード
念入りモード
スポットモード
自動充電 O O
掃除予約機能 一週間単位で予約設定可能
(曜日ごとに開始時間を設定)
一日単位で予約可能
(毎日何時から)
床面検知センサー O ×
ハウスダスト発見センサー O O
段差の落下回避センサー O O
障害物激突回避 O(窓ガラスも) O(窓ガラスも)
ゴミ満タンサイン O O
サイズ(最大幅×高さ) 330×92mm 330×92mm
重さ 3.0kg 2.7kg
充電時間(空の状態から) 約3時間 約2時間
電源方式 充電式リチウムイオン電池 充電式リチウムイオン電池
バッテリーの持ち 約1500回 約1100回
セット内容 充電台(1個),
リモコン
お手入れブラシ(1個)
乾電池(単4形)×2個
充電台(1個),
ダストボックス
お手入れブラシ(1個)

ルーロMC-RS200とルーロMC-RS20の5つの大きな違い

値段

やはり一番初めに目に留まるのが値段です。

パナソニック社のオンラインストアでは上の表の価格で売られていて、両者の間は2万円の差があります。

アマゾンでの価格を調べてみると、MC-RS200は69,843円でMC-RS20は54,576円で売られています。

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%admc-rs200%e3%81%a8%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%admc-rs20%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e4%be%a1%e6%a0%bchttps://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AD&rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AD

その場合その差額は15,000円です。

バッテリー

バッテリーの性能はやはりルーロMC-RS200のほうが高いです。

まず、最大稼働時間がルーロMC-RS200が60分なのに対し、ルーロMC-RS20は10分短い50分となっています。

また、バッテリーの充電回数も、MC-RS200が約1500回なのにたいし、MC-RS20は約1100回となっています。

MC-RS200のバッテリーはMC-RS20のバッテリーに対し、約1.4倍持ちがいいです。

しかし、充電時間はその分MC-RS200の方が長く、MC-RS20が約2時間なのに対し、MC-RS200は約3時間です。

エリアメモリ機能

これは、ルーロに部屋の場所を教え、例えばその場所を掃除するように指示すると、その部分だけ掃除をしてくれる機能のことを言います。

最大3部屋登録できます。

これはMC-RS200には搭載されている機能ですが、MC-RS20にはありません。

MC-RS20に同じことをさせようと思ったときは、MC-RS20をその部屋までもっていって掃除をさせる必要があります。

リモコン

リモコンでは、一週間分の掃除予約ができます。

さらに稼働中のルーロを右回転させたり左回転させたりすることができます。

MC-RS200にはリモコンが付属品として付いてきますが、MC-RS20にはついてきません。

床面検知センサー

床面検知センサーはルーロが走っている床の質を検知し、じゅうたんやカーペット、ラグなどの強い吸引力が求められるときに、自動で吸引力を強くして掃除をする機能のことです。

フローリングなどの吸引力をあまり必要としない場面では、電力を押さえ、吸引力を必要とする場面では吸引力をあげるので効率よく掃除をすることができます。

この機能もルーロMC-RS200にはありますが、ルーロMC-RS20にはありません。

まとめ

これらがルーロMC-RS200とルーロMC-RS20の5つの大きな違いです。

私が思うに、ルーロMC-RS20は値段をよりリーズナブルにするために、ルーロMC-RS200の便利すぎたり、不必要な機能を抑えたといった印象を受けます。

私は、ルーロMC-RS200はお金に余裕があって、ダイニングやいくつかの部屋で使いたい人には、ルーロMC-RS200が向いていて、さまざまな機能を求めておらず、シンプルに少し掃除を楽したいと思っている人は、ルーロMC-RS20を購入すればよいと思います。

基本的に、エリアメモリ機能や、毎週の掃除のスケジュールを立てる機能は不必要ですし、リモコンを探してルーロに指示をするなら、直接ルーロを見つけて指示させた方が楽だと思うので、私だったらルーロMC-RS20を購入しますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする