ロボット掃除機の危険な一面 事件を3つ紹介

ロボット掃除機が家庭にやってきて、生活を一層便利にする一方で、事件を起こしてしまうこともあるようで…(苦笑)

そんな数ある事件の中でも目に留まった事件を3つまとめて紹介します。

ルンバは障害物にぶつかって感知をしますからね。

こういったことを防止するために、目に見えない壁をつくるバーチャルウォールモードや、直径1.2mに進入禁止エリアをつくるヘイローモードを活用してはいかがですかね。

これは本当に怖い事件です。

ルンバなどの最先端のロボット掃除機は、寝ている人の髪の毛やカーペットなどの吸いないものは、吐き出す機能がありますが、安いロボット掃除機にはそういった機能は存在しないので、注意が必要です。

ゴミを感知したらそれを知らせる機能がついているが故の惨劇ですね。

思わず笑ってしまいました。笑

ロボット掃除機は便利な一方で、髪の毛を吸いこんだり、水入れを壊してしまったり、人にぶつかってごみ発見っといってしまったり、おっちょこちょいな一面もあるようです。

ロボット掃除機を買うときは注意してくださいね!