ロボット掃除機「ミニマル」の性能を5つの点から徹底比較!!

嵐のCMでおなじみの日立の新型小型ロボット掃除機ミニマル!!

「小さい」という、新機能。ミニマル

最近世間を賑わせているロボット掃除機ですが、ほかのロボット掃除機と比べ性能はいいのでしょうか?

ルンバやルーロ、ココロボやトルネオロボと比較してどういった面で優れているのでしょうか?

こういった疑問にこたえるべくこの記事を書きました。

早速見ていきましょう!!

まず気になる価格

日立のホームページによるとミニマルの価格はオープン価格だそうです。

早速さまざまな通販のミニマルの価格を見てみました。

価格 販売
82,520円 Yahoo!ショッピング – ディーライズ2号
107,481円 ビックカメラ.com
97,641円 EDIONネットショップ
94,800円 Yahoo!ショッピング – キムラヤYahoo!店

これをいてみるとだいたいミニマルは8-10万円で購入できることがわかります。

ちなみに、その他のロボット掃除機がオンラインストアでいくらするかを、下に細かくまとめたのでご参照ください。

ルンバ ルーロ ※トルネオロボ
980 960 876 680 MC-RS200 MC-RS20 VC-RVS2 VC-RCX1 VC-RCX1
価格 125,000 89,880 74,000 49,880 99,800 79,800 65,479 50,185 58,658

※kakaku.comより

ココロボ ダイソン DEEBOT
RX-V95A RX-V70A RX-V200 RX-V50 360Eye R95 M85 M82 83 SLIM
49,680 45,350 49,680 38,929 149,040 92,000 59,800 25,800 39,800 27,500

これを比較してみて、8-10万円という値段がロボット掃除機の中では比較的高い部類であることがわかります。

高い部類に入っているだけ、しっかりとした性能を持っていたらいいのですが、果たして実際のところはどうなのでしょうか。

続いてみていきましょう。

大きさ

ミニマルは小ささを売りにしているロボット掃除機で、その大きさは250mmです。

実際にその大きさは他の掃除機と比べどのくらい小さいのでしょうか?

見ていきましょう。

ルンバ ルーロ トルネオロボ
980 960 876 680 MC-RS200 MC-RS20 VC-RVS2 VC-RCX1 VC-RCX1
最大幅 353 353 353 340 330 330 350 350 350

ココロボ ダイソン DEEBOT
最大幅 RX-V95A RX-V70A RX-V200 RX-V50 360Eye R95 M85 M82 83 SLIM
高さ 310 310 304 325 240 354 344 310 337 310

これらのロボット掃除機と高さを比較すると、ミニマルよりも最大幅の小さいロボット掃除機はダイソン360eyeしかないことがわかります。

基本的にはロボット掃除機の大きさは直径30センチから35センチなので、25センチという大きさがいかに小さいかがわかります。

走行テクノロジー

ミニマルは自由走行型のロボット掃除機です。

ルンバ900シリーズやダイソン360eyeやDEEBOT R95のようなロボット掃除機はマッピング型のロボット掃除機で、周囲の障害物や壁を認識し、雑巾がけをするような走行をしながら掃除をします。

しかし、ミニマルはそういった周囲の状況を把握するようなテクノロジーはなく、多くの自由走行型のロボット掃除機と同じ、行き当たりばったりの走行方法で掃除をします。

したがって、30畳を超えるような場所では向きません

30畳を超えるような場所でロボット掃除機を使う際は、ルンバ900シリーズなどのマッピング型ロボット掃除機をご購入することをお勧めします。

ちなみに、マッピング型ロボット掃除機ルンバ960は89,880円(オンラインストア)で購入することができます。非常にお得です。

その他のロボット掃除機がマッピング型なのか自由走行型なのかをまとめたので参考にしてください。

ルンバ ルーロ トルネオロボ
980 960 876 680 MC-RS200 MC-RS20 VC-RVS2 VC-RCX1 VC-RCX1
走行型

ココロボ ダイソン DEEBOT
RX-V95A RX-V70A RX-V200 RX-V50 360Eye R95 M85 M82 83 SLIM
走行型

マッピング型のロボット掃除機は開発費がかかっていることから比較的高価になりやすく、ルンバ960は89880円、DEEBOTのR95も92000円します。

8万から10万するミニマルもマッピング型ロボット掃除機でもおかしくないはずです。

しかし、私が個人的に思うのは、ミニマルに関しては小さくするための研究費がその値段を押し上げているのではないでしょうか。

バッテリーの持ち

ロボット掃除機のバッテリーはランニングコストを考えるうえで非常に重要です。

ロボット掃除機を長く使おうと思ったら、一定期間内のバッテリーの交換は必須だからです。

ロボット掃除機のバッテリーは安いものだと1万円から高いものだと1万5千円ほどします。

ミニマルのバッテリーの交換目安は1100回(約3年)で、バッテリー代はまだ販売されていないため、はっきりとした価格はわかりませんが、おそらく12,000~13,000円ほどになるでしょう。

その他のロボット掃除機のバッテリーの持ちがどのくらいあるのかをしっかり把握しておくことをお勧めします。

バッテリー交換の目安は以下の通りです。

ルンバ ルーロ トルネオロボ ココロボ ダイソン DEEBOT
980 960 876 680 MC-RS200 MC-RS20 すべて すべて 360Eye すべて
(年) 6 6 3.5 3 4 3 3 3 1.5 3

ロボット掃除機のバッテリー交換の目安は基本的には三年です。

ミニマルはのバッテリーの持ちも3年であることから 、バッテリーのスペックは標準であることが言えます。

集じん容量

ゴミ捨ての回数を決めるのがこの集じん容量です。

ミニマルのダストボックスの容量は0.25Lです。

小ささを売りにしているロボット掃除機なので、集じん容量も小さいのではと懸念する方もおられるかもしれません。

でも一体、この容積はその他のロボット掃除機と比較して大きいのでしょうか?

早速ほかのロボット掃除機と比較していきましょう。

ルーロ トルネオロボ
MC-RS200 MC-RS20 VC-RVS2 VC-RCX1 VC-RCX1
集じん容量 0.15 0.15 0.2(0.8) 0.2 0.2(0.7)

ココロボ ダイソン DEEBOT
RX-V95A RX-V70A RX-V200 RX-V50 360Eye R95 M85 M82 83 SLIM
集じん容量 0.25 0.25 0.1 0.15 0.33 0.52 0.66 0.45 0.44 0.32

小さいことを売りにしているこのミニマルですが、集じん容積は妥協していないようです。

その容積はココロボやトルネオロボとほとんど差がありません。

ルーロに関してはその大きさが1.6倍ほどもあります。

集じん容積に関しては何ら問題はないでしょう。